お問い合わせフォーム
 
学校図書館問題研究会(がくとけん)は、学校図書館に関わる職員や学校図書館に関心のあるみなさんのための研究団体です。

 

千葉支部

詳しくは「千葉支部について」をクリックし、ご覧ください。 
支部例会は、会員外の参加も可能です。
 

 


2017/08/31

例会報告2017年8月-日本の昔話と古典について考えよう

Tweet ThisSend to Facebook | by 千葉支部
日時;2017年8月17日(木)10:00~14:45
会場;公津の杜コミュニティセンターもりんぴあこうづ
参加者;43名
 学習指導要領国語科で「伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項」が入ってから、小中学校では日本の昔話や古典が、授業の中で活用されることが増えてきました。
 午前中は、会員のお二人に昔話や古典文学について報告していただき、午後は、グループに分かれて授業活用等について話し合いました。

報告1.小学校:昔話のたのしみ(市川市立行徳小学校 高桑弥須子氏)
「昔話は語ってこそ面白い。」
 という高桑さんの信念のもと、『くわず女房』の楽しい素話から始まりました。
 その後『いもころがし』の素話は、中学生にもおすすめとのこと。写真にあるように、馴染みのない言葉は掲示して、子供たちの理解を助ける工夫がされていました。高桑さんのお話を聞くうちに、きっちり覚えなくてはと固く考えなくても、子供たちとの掛け合いの中で、楽しく語ればいいのだということがわかりました。
 理論として、子供が昔話から得るもの、昔話の表現の特徴、昔話絵本を選ぶ時の注意点を学びました。
 最後は岩手(遠野)の方言の絵本『天さあがった男』(瑞雲舎/鈴木サツ語り/片山健絵/1996)の読み聞かせ。
 より良く、より豊かに、より楽しく生きられるように連綿と繋がってきているのが昔話。
絵本も大事だが、語れる昔話を1つでいいから持つと良いという話で終わりました。

報告2.中学校:古典学習のために-学校司書の仕事(富里市 相京咲子氏)
 富里市では小中学校図書館を兼務しているため、中学校の先生にお話を聞いて今回の報告をしてくださいました。たくさんの図書資料を使って説明してくださいました。
 まずは、学習指導要領を読むことが示されました。文部科学省HPからでも読むことができます。その言語文化に関する事項を見てみると、『親しむ』ことが中心であって『訳す』ことが目的ではないということがわかります。
 そして教科書を読むこと、自校の蔵書を把握すること。
 蔵書は全部読まなくても、原文が載っているか、現代語訳だけか。改訂版が出る場合、指導要領が変わったことに準拠して良くなる改訂もあるが、カラー刷りページが削除されるなど、読者にとってはありがたくない改訂もあるので、気をつけなければいけないという話がありました。
 実際の授業においての資料提供では、授業のねらいとずれないように、先生との打ち合わせが大事です。
 授業事例が掲載されているHPや図書資料も教えていただきました。 相京さんがたくさんの資料を用意してくださいましたが、他の会員も昔話の参考資料や絵本比較として何種類かの『ももたろう』の絵本を集めて展示しました。お昼休みに読みあい、午後のグループ討議の参考にしました。
 小学校4グループ、中学高校2グループ、計6グループに分かれて、授業事例や活用した本、子供たちに伝えたい昔話とその時期について討議しました。

20:10 | 例会報告
アーカイブ ログインページへ
 

好評発売中!

 

支部のページへ

ホームページのある支部(都県)

福島 - 埼玉 - 千葉 - 東京 - 
神奈川 - 長野 - 兵庫 -
岡山 - 熊本 - 鹿児島

支部のある道府県

北海道 -  群馬 - 新潟 - 
岐阜 - 三重 -  滋賀 - 
大阪 - 鳥取 - 島根