お問い合わせフォーム
 
学校図書館問題研究会(がくとけん)は、学校図書館に関わる職員や学校図書館に関心のあるみなさんのための研究団体です。

 

千葉支部

詳しくは「千葉支部について」をクリックし、ご覧ください。 
支部例会は、会員外の参加も可能です。
 

 


2006/12/31

例会報告2006年12月-パスファインダーをつくってみよう

Tweet ThisSend to Facebook | by 千葉支部
日時;2006年12月26日(火)10:00~12:00
会場;植草学園文化女子高等学校図書館
参加者;13名(助言者含む)
助言者 桑田てるみ氏(カリタス女子中学高等学校司書教諭)

まず、桑田さんに「パスファインダー(pathfinder)とはどういうものか」から講義していただき、その後実習を行いました。ワークシートも用意していただき、初心者にも作りやすかったです。

パスファインダーの定義、効果、注意の説明がありました。
注意:パスファインダーの目的は、あくまであるテーマに関して調べる場合の道筋となる様々なメディアの資料・情報を示すものなので、ブックリストとは目的が違うということ。本を例示する場合も数冊に絞ること。特に重要なのは『キーワード』である。

web上で登録制のパスファインダーバンクが立ち上げられ、大学間等で情報共有して効果を上げています。3つのパスファインダーバンクを紹介していただき、参考にしました。

私立大学図書館協会のパスファインダーバンク

北広島市図書館のパスファインダーバンク(パスファインダー倶楽部・北海道)

愛知淑徳大学図書館パスファインダーサイト 

 他に高校図書館の担当者が作成したパスファインダー等もあります。ぜひ、参考にしましょう。

*パスファインダーは、小学校では難しいかもしれないが、
『クックとタマ次郎の情報大航海術-図書館からはじめる総合学習・調べ学習』(片岡則夫著/リブリオ出版/2001)
に紹介されている「図書館探検のガイドマップ」が良いのではないかというご意見をいただきました。高校生にも参考になる本です。特にテーマが決められず迷っている生徒には、この本の「発想ひまわり」や学びのための「手がかりチャート」のページが役立つでしょう。

<その他参考図書>
パスファインダーを作ろう-情報を探す道しるべ(全国学校図書館協議会/2005)

パスファインダー・LCSH・メタデータの理解と実践-図書館員のための主題検索ツール作成ガイド(愛知淑徳大学図書館/2005)

<感想>
・パスファインダーがどういうものかよくわかった。
・検索オプションの使い方を教えていただいてよかった。
・オリエンテーションで使えそうだ。
・小学校では、中高でパスファインダーが使えるようになるように、担任の先生と協働して、苦も無く資料を手にできる子ども-文章を読める子ども-を育てなくてはと改めて思った。
担任の先生に授業のねらいをよく聞いてから、作ることが大事であろう。作品は児童生徒のみならず、司書にとっても、役立つものとなるだろう。
20:46 | 例会報告
アーカイブ ログインページへ
 

好評発売中!

 

支部のページへ

ホームページのある支部(都県)

福島 - 埼玉 - 千葉 - 東京 - 
神奈川 - 長野 - 兵庫 -
岡山 - 熊本 - 鹿児島

支部のある道府県

北海道 -  群馬 - 新潟 - 
岐阜 - 三重 -  滋賀 - 
大阪 - 鳥取 - 島根