学校図書館問題研究会(がくとけん)は、学校図書館に関わる職員や学校図書館に関心のあるみなさんのための研究団体です。

 
お問い合わせフォーム
 

Welcome to がくとけん!

学校図書館問題研究会(略称・学図研/がくとけん)は、全国の学校図書館に関わる職員や、学校図書館に関心のあるみなさんのための研究団体です。毎月の「ニュース」、年1回の全国大会とその記録集「がくと」などを中心に様々な研究活動や、日々の実践活動を行っています。
学校図書館に関心のあるみなさん、ぜひ一緒に勉強しませんか?
 
学図研サイト内の新着情報
 RSS
表示すべき新着情報はありません。

学図研の最新情報

学図研の最新情報 >> 記事詳細

2015/10/18

村上春樹氏の学校図書館貸出記録の公表に関し見解を公表しました

Tweet ThisSend to Facebook | by HP担当

「村上春樹氏の高校時代の学校図書館貸出記録が
神戸新聞に公表されたことに関する見解」を公表しました

作家の村上春樹氏が母校の兵庫県立神戸高等学校図書館で借りた本の図書カード(本についている貸出用のカード)が、2015年10月5日の神戸新聞ネットニュース及び夕刊で公表されました。これは、神戸高校図書館の廃棄図書に残っていた図書カードが、カードに氏名が載っている本人の同意なく神戸新聞に提供されたものです。公表されたカードには、村上氏のほかにもその本を借りた当時の生徒の学年、組、氏名、貸出日、返却日が記入されており、それらがはっきりと読み取れる状態の画像が掲載されました。

私たち学校図書館問題研究会は、1985年の結成当時から利用者のプライバシーを守ることの大切さについて議論を重ねてきました。1988年には「のぞましい貸出方式が備えるべき五つの条件」を確認し、その5つめには「返却後、個人の記録が残らない」とあります。私たちは、今回のできごとが利用者のプライバシー保護の点から問題があると考えます。このことについて私たちの考えをお伝えし、広く議論されることを願って、見解をまとめました。。

 ※見解PDF版を 要望書・アピール のページに公開しています。
  印刷できるファイルをご希望の場合はそちらをご覧ください。
12:00 | 投票する | 投票数(25) | 意見表明
アクセスの多いコンテンツの新しいページ

主要なページ

発行物について

各種資料について

 

支部活動のご紹介

ホームページのある支部

福島 - 埼玉 - 千葉 - 東京 - 神奈川 - 長野 - 
兵庫 - 岡山 - 熊本 - 鹿児島

支部のある道府県

北海道 -  群馬 - 新潟 - 岐阜 - 三重 - 
滋賀 - 大阪 - 鳥取 - 島根 


 
学図研主催・後援のイベントカレンダー


★:学図研主催行事/☆:学図研運営上の会議
 [都道府県名]:各支部の学習会
○:学図研(支部含む)の後援するイベント
・:その他のイベント
 
2012.11.17より460853
旧サイト 2003.9.26 より2012.11.17まで 67327
現在指定されているバナーはありません。