学校図書館問題研究会(がくとけん)は、学校図書館に関わる職員や学校図書館に関心のあるみなさんのための研究団体です。

 
お問い合わせフォーム
 

学校図書館問題研究会 綱領・会則


私たちの会の会則を紹介します。
 
学校図書館問題研究会綱領
 学校図書館は、平和な社会をになう若者を育てるために、資料提供をとおして、児童生徒が学ぶよろこびや読む楽しさを体験できるよう援助するとともに、すぐれた教育活動を創り出す教職員の実践を支えるという役割を持っている。
 私たちは、その役割を充分に果たしうる図書館作りを目ざして民主的な研修の場を組織する。
 会員は、相互の実践研究を持ちよって、それらを検討し、発展させ、理論化して日常の図書館活動に活かすことで学校図書館の充実と発展に努める。
 
学校図書館問題研究会会則
1.名称 
この会は、学校図書館問題研究会という。

2.目的 
この会は、綱領を実現するために、研究と実践に努める。

3.活動 
(1) 年1回の研究大会および総会を持つ。
(2) 会員相互の交流と実践の交換のため、機関紙・誌を発行する。
(3) 共通の課題にもとづく共同研究を進める。
(4) 他団体との連携・協力に努める。
(5) その他、目的に沿った活動を行う。

4.会員 
この目的に賛同する人は、だれでも会員になることができる。

5.役員 
この会には、次の役員をおく。
 代表…………1名
 副代表………1名
 事務局長……1名
 事務局次長…若干名
 学図研ニュース編集長……1名
 学図研ニュース編集委員…若干名
 会計…………2名
 全国委員……原則として各都道府県2名
   支部の有無にかかわらず選出することができる。
 常任委員……若干名
   原則として事務局の近県の全国委員から選出する。
 監査…………2名
役員の任期は1年とし、再任は妨げない。役員は総会で選出する。ただし、代表・副代表・事務局長・事務局次長・学図研ニュース編集長・学図研ニュース編集委員・会計・監査については、継続しての再任は5年を限度とする。
役員は総会で選出する。


6.機関 
この会には次の機関をおく。
(1) 総会…………すべての会員で構成し、会の最高機関とする。
(2) 支部…………各都道府県ごとに、所属する会員の意向で設立することができる。運営については各支部による。
(3) 全国委員会…代表・副代表・事務局長・事務局次長・会計・学図研ニュース編集長および全国委員で構成し、会の運営にあたる。
(4) 常任委員会…代表・副代表・事務局長・事務局次長・会計・学図研ニュース編集長および常任委員で構成し、緊急事項を処理するとともに、全国委員会への議事を準備する。
(5) 事務局………事務局長・事務局次長・会計で構成し、会の日常業務にあたる。

7.会計 
この会の経費は、会費(年額 5,000円)その他をもってあてる。
会計年度は、6月1日より5月31日とする。

【付則】 会則の改定は、総会で出席者の過半数をもって行う。
     この会則は1985年8月9日より実施する。
     一部改定1988年8月5日
     一部改定1989年8月4日
     一部改定1992年8月11日
     一部改訂2004年8月4日
     一部改訂2005年8月9日
     一部改訂2014年8月5日
 
学校図書館問題研究会 支部に関する指針
1.目的
学校図書館問題研究会の綱領実現のため、研究と実践を重ね、情報の交換を行う

2.活動
①学校図書館問題研究会会則に準じた活動を行う
②地域の実情を考慮し、地域の学校図書館振興に寄与する活動を行う

3.会員
原則として学校図書館問題研究会会員で構成する

4.支部の成立
①3名以上の会員の同意を得て支部結成の表明の後、全国委員会、全国大会で報告する
②支部結成時には一般会計から補助金を支給する

5.支部の運営
①各支部で定めた規則により運営する
②支部にのみ所属する支部会員については、できるだけ学校図書館問題研究会への入会を促す

 
学校図書館問題研究会プライバシーポリシー
 
2015.8.4 埼玉大会総会で承認

本会の運営及び活動にあたって収集した個人情報は、以下に掲げる目的の範囲内でのみ利用します。

◇会員の個人情報の利用

  • 「学図研ニュース」『がくと』等の出版物の送付
  • 会費納入にかかわる連絡
  • 入会、所属変更及び退会時の「学図研ニュース」会員異動欄への掲載
    (事務局に非掲載の意思表示があった場合を除きます)
  • 全国大会、研究集会等の運営に必要な依頼及び連絡
  • 「学図研ニュース」『がくと』等の編集に必要な依頼及び連絡
  • 支部活動や支部のない県における会員の活動に必要な依頼及び連絡
    (全国委員がいない県については、当該活動の責任者である会員に個人情報を提供することがあります)
  • 全国大会申込者が会員であるかどうかの確認
  • その他、会の運営及び活動に必要な事柄

◇会員以外の個人情報の利用

  • 入会案内の請求、本会に関する問い合わせ、資料販売、「学図研ニュース」『がくと』の編集、研究集会の運営等で収集した会員以外の個人情報は、収集した目的の範囲内でのみ利用し、当該業務の遂行上必要がなくなった時点で速やかに削除します。

◇第三者への提供の制限

  • 法令等に定める正当な事由のある場合を除き、本人の同意を得ることなく個人情報を第三者に提供することはありません。

◇全国大会の運営にかかわる個人情報の取り扱い

  • 全国大会の運営にかかわって収集した個人情報は、全国大会事務局が管理し、全国大会の運営に必要な目的の範囲内でのみ利用します。